【囲碁ヨセ】いつがいい?逆ヨセのタイミング!: yukiの日記

2018年04月01日

【囲碁ヨセ】いつがいい?逆ヨセのタイミング!

こんばんは。

 

飛行機が揺れて揺れてふらふらになりました 

 

飛行機って怖いですよね・・・

暗い、狭い、人混みが苦手な私には天敵のような乗り物・・・

 

10歳になるまでエレベーターにも地下にも入れなかったなんて、誰にも言えません

 

今日はその復讐をするべく(?)

 

ヨセで相手を思いっきり揺さぶっていきましょう!


私と同じ新幹線派の人はクリックお願いします

人気ブログランキング

 

 

 

 

 

まず、逆ヨセとは?

 

 

 

・・・・・・の前に

ヨセの基礎事項はヨセ入門(by panda net) をご参照ください。

 

 

逆ヨセとは相手からのみ先手の場所
 
要するに、黒からは先手ですが・・・・


 
白からは後手。

 

この場合ハネツギは3目なので

 

逆ヨセ3目と言います。

一般的に逆ヨセは2倍の価値があるとされます。

 

つまり、逆ヨセ3目は6目の価値があるのです。

 

じゃぁ。。。
 

この図。白番です。

 

ヨセが2か所残っています。

どこにあるかは・・・わかりますか?


 
この2か所ですね。

では、それぞれ何目でしょうか?

 

は上の通り逆ヨセ3目です。

4目ですね。

 

・・・・っと。

大事なことを忘れるところでした。

逆ヨセは2倍の価値でしたね。

 

ということで

6目

4目

 

実際に打ってみます。
 
境界線もはっきりしたので目算してみましょう

 

黒地26目

白地25目

黒の1目勝ちです。

 

うーん。

うまく打たれたね(・∀・)ノ

 

など言っている場合ではありません。

敗着は2手前です。


もう一度この図。
 

たしかに、逆ヨセ3目は6目の価値があります。

 

でも、数字だけ見ると3目の手です。

 

代わりに黒が4目の手を打っているため

 

その場では1目損しているのです


スポンサーリンク








 

実際に打って確かめてみましょう。
 
では、目算です。

今回はアゲハマは白地に足して数えています。

 

黒地27目

 

白地27目

持碁です。

 

 

これが、逆ヨセを打ったために負けるパターンです。

 

 

じゃぁ、いつ打てばいいのか?

 

実際やるのはものすごく時間かかるし難しいです。

 

。。。。ので

 

実戦で時間切れ負けしても責任は負いません(笑)

 

ではこの図。白番です。
 

石数があってないのは大目に見て頂けると・・・(ry

 

まず、どこにヨセが残っているかわかりますか?

 


 

 

ご覧の4か所ですね。

 

逆ヨセ3目

6目

2目

1目

 

やっぱり逆ヨセは大きそうだし・・・・
 
黒地18目

 

白地16目

黒2目勝ちです

 

 

ここで考えるべきは逆ヨセのほかの手の大きさ。

 

逆ヨセを打つと次に黒番になります。

 

つまりテーマ図がこうなります

黒番

この後交互に打つので。。。。


 
⑪の図より

 

黒が獲得したポイントは

 

6目1目なので7ポイント

 

白が獲得したポイントは

2目なので2ポイント

 

よって、相対的に黒が5ポイント得しました。

 

 

比べるのはここです!

 

白は逆ヨセを打った瞬間、黒が5ポイント得するのは確定。

 

つまり先に3ポイント確保して5ポイントあげたわけです。

 

、、、損ですね。

これが損のとき、逆ヨセは損することになります。

 

確保したポイントのほうが大きいとき、逆ヨセが正しい次の1手となります。

 

 

以上をふまえて
 
黒地18目

白地18目

持碁です

 

最後までヨセを読み切る必要があるのでかなり難易度は高いです

 

ただ、終局に向かうほど簡単になるので、終わる5手前でもやってみると半目負けが半目勝ちになるかもしれませんね♪

 

 

豆知識に近いほど難易度の高いテクニックでしたが・・・・

 

 

 

私もこんな神業できないので、もっと頑張りたいと思います

 

 

では、今回はここまでです。



今回の内容は

この本を参考にしています。
元名人の方が、私に手渡ししてくれたものです。
自分にとっても思い出の一冊ですし、それだけの評価を得られた本です。
みなさんもぜひ手に取って読んでみてくださいね。


飛行機は嫌いです・・・

人気ブログランキング
応援お願いします!

スポンサーリンク







posted by yuki at 00:00| Comment(2) | 囲碁テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2 3 4 5 6
この記事へのコメント
 いつも私ばかりですみません。
 逆ヨセが後手の2倍というのは、その後の5目や4目、3目、2目、1目後手のヨセが豊富にある場合のみ当てはまるような気がしましたが、ご指摘の事例を見ますと確かにな単純に2倍するのは当てはまらない場合が多そうですね。
 級位者の自分がヨセの目数を全部計算するのは大変ですので、乱暴に言わせてもらえば、最大の後手ヨセと2番目の後手ヨセの大きさに差があって、その差が逆ヨセの目数を上回れば最大の後手ヨセを打ったほうが良い。こう考えれば大きく違うことはないのかなと思いますがどうでしょうか。
Posted by 勉強中の級位者 at 2018年04月02日 22:57
いつもコメントありがとうございます!
そうですね、逆ヨセは2倍として計算できるので、基本はその計算で大丈夫だと思います。
とはいえ、ヨセの計算ができる前提での話ですので、正確にヨセを判断できるようにするのが一番だと思います。
まずは、どのヨセがどれくらいの大きさなのか覚えるところから頑張りましょう!

>勉強中の級位者さん
>
> いつも私ばかりですみません。
> 逆ヨセが後手の2倍というのは、その後の5目や4目、3目、2目、1目後手のヨセが豊富にある場合のみ当てはまるような気がしましたが、ご指摘の事例を見ますと確かにな単純に2倍するのは当てはまらない場合が多そうですね。
> 級位者の自分がヨセの目数を全部計算するのは大変ですので、乱暴に言わせてもらえば、最大の後手ヨセと2番目の後手ヨセの大きさに差があって、その差が逆ヨセの目数を上回れば最大の後手ヨセを打ったほうが良い。こう考えれば大きく違うことはないのかなと思いますがどうでしょうか。
>
Posted by yuki at 2018年04月04日 20:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください