【囲碁定石】小目の基本定石~かっこいい定石編~: yukiの日記

2018年03月30日

【囲碁定石】小目の基本定石~かっこいい定石編~

以前

この形の変化を探りますといったものの、変化が膨大です。

今回もかなりマニアックな内容を含みますので、自分に合ったものを探してくださいね

 

この定石は昔からありましたが、張栩さんが打ちだしたことで、爆発的な流行になりましたね。


プロアマ問わず最も流行っている定石かもしれません。

 

高段の方、または高段を目指す方は、全部覚える勢いで頑張りましょう。


全記事のまとめはこちらから

スポンサーリンク









では、研究に入ります。

多いので図を並べてコメントという形で進めていきいます。

 



ハネは無理手です。

黒の跳ね返しがうまく、黒地が大きいです

ちなみにおさえても

傷が2か所あり、どうしようもありません。

 


やや黒足早な図です。

右辺の黒は急な攻めを食らうことはなく、詰めは急ぎません


 



後からの狙いを重視した打ち方です。

この黒1子の逃げ出しを見た利き筋が多い反面、黒も前図より地がないのが欠点です。

 

 



より隅の地をはっきり取る手です。

黒は6が好点で不満ありません。

 

 



黒からの封鎖を避けた打ち方です。

黒6が弾力のある好手で、次に

これがほぼ黒の権利です。

 

 


 
白は外勢をはりたいときに打ちます。

黒4はより働かせた守り方をしようという意味です。

 

 


 
黒はオシという反発もあります。

白13に対して守るか、ケイマカケで攻めるかは状況次第です。

 

 


 
ツケ切りもあります。

これは黒先手なのでやや黒打ちやすいです

 

 

 

 



白のオススメの定石です。

 

⑤と比べると良いでしょう。

ただし部分的には互角です。

 

 

 





このあと、黒には2通りあります。

 



ツギがノーマルです。

次の黒の手にもよりますが、たいていの場合白はすぐに1子抜きます。

古い定石で

こういうのはありますが

白の厚みが優ります。

 


 
単に打つのもあります。

まだ白がはっきりしていないという主張ですが、黒のほうが薄いためあまりお勧めできません。

 




場合の手ですが、ツケノビも有力です。

 

 




ツケギリも考えられます。

 

この図は部分的には黒良しです。

2子を抜いた形が厚いですね。

 

黒を凝らせることができる状況ならいいですが黒には次のような反発があるので、よく読んでから打ちましょう。


 

 

 



ここに外す手もあります。

 

 

 

ただし、図のように打たれて黒からいのが結論です。

 

黒が上辺を受けると

白3のツケが急所で黒が取られてしまうので、注意です。



ネタ手ですが、下ツケもあります。

いかがでしょうか?

 

今大流行している定石だからこそ

知るだけで確実に勝率UPにつながります。

 

 

気に入ったものを何回も打って試してくださいね!



ブログランキング参加しています
応援よろしくお願いいたします

人気ブログランキング

スポンサーリンク







posted by yuki at 00:00| Comment(0) | 囲碁テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2 3 4 5 6
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください